TITLE: The Power of Kawaii: Transforming students to be life-long learners

Saturday, November 21 at San Diego



Kawaii (cute) culture permeates Japanese daily lives through entertainment, clothing, food, toys, personal appearance, and mannerisms. This presentation first discusses the concept of kawaii and past and current movement of kawaii culture. Then, the presenters showcase successful kawaii projects, which created kawaii products (T-shirt for this unit) and explains how it has promoted positive affective feelings, increased attentiveness, and motivated social engagement in learning context. This presentation also introduces “Time After Time Capsule” initiated by a prominent J-pop artist. The capsules, filled with students’ personal kawaii goods, will be displayed at 2020 Tokyo Olympics.



PRESENTATION PDF


Contemporary Kawaii:

kakko kawa (cool + kawaii)
kire kawa (beautiful + kawaii)
busu kawa (ugly + kawaii)
kimo kawa (disgusting + kawaii)
guro kawa (grotesque + kawaii)
ero kawa (erotic + kawaii)
yume kawa (dream-like + sick element + kawaii)

other created ones
sugo kawa (sugoi - amazing + kawaii)
cho kawa (cho - ultra/super + kawaii)


Presentation Material


DAY 1 & 2 Introductory activity
Student-centered activity: Conduct research => In class Presentation
- Experience Kumatomo: http://kumatomo.namco-ch.net/special/trial/youtube.html
- Find Japanese and American Kawaii item

Teacher-led activity: Discussion & Writing activity
- Compare and Contrast

DAY 3 & 4 Talk about Kawaii project & Vocabulary activities
- マイアミパルメット高校の日本語のクラスの生徒はマイアミカワイイ大使になって、 タイムアフタータイムプロジェクトにさんかします。それぞれのグループでカワイイTシャツを作って東京オリンピックをおうえんしましょう!また、鹿児島から来てくれる留学生のみなさんにみんなのTシャツの中からベストTシャツをえらんでもらいます。1位のチームはおいしい日本の食べ物がありますよ。がんばって!!
- Talk about "Time after Time Capsule Project"
- Vocabulary
文化 言葉(ことば) 気持ち 世紀(せいき) など  世界中 人気 政府(せいふ) 大使(たいし) 選(えら)ぶ 広(ひろ)まる 都市 参加者(さんかしゃ) あつめる もり上げる








DAY 5 Grammar and Grammar Activities
AP: Passive form(言われています)
J3: N1というN2; 〜になります; 〜たり、〜たりする
N1というN2
True or False
1.ドルフィンズというチームはやきゅうのチームです。
2.ガーフィールドというネコはイタリアのネコです。
3.スタバというカフェにパンプキンスパイスラテがあります。
4.ジュオンというえいがはこわいえいがです。



DAY 6 & 7 Reading Activities
Teacher-led activity
- Students read the material
2012年にはきゃりーぱみゅぱみゅが原宿(はらじゅく)カワイイ大使になりました。今、日本の「カワイイ」は世界中に広まっています。そして、 「カワイイ」という言葉(ことば)は21世紀に世界で一番広(ひろ)まった日本語と言われています。



- AP: http://web-japan.org/niponica/backnumber/pdf/Niponica_09_digest_Jp.pdf



Student-led activity
- Discussion

DAY 8 & 9 Kawaii Concept Activities
日本の若い人たちは色々な「カワイイ 」を作りました。
1.キモかわいい:気持ち悪いが、かわいい。(例)ダンシングベイビー
2.ブサかわいい:ぶさいくだが、かわいい。(例)ブルドッグ
3.カッコかわいい:かっこよくて、かわいい。(例)コンパクトカー
4.きれかわいい:きれいで、かわいい。(例)モデル、アイドル

グループでそれぞれの「カワイイ」をさがして、はっぴょうして下さい。
1. どうして選びましたか。Why did you choose the item?
2. なにがかわいいですか。What are the criteria for each Kawaii item?
3. 他のグループのチョイスはいいですか。Do you agree with the kawaii category that other group(s) has chosen?
4. もしだめなら、どうやって変えますか。If not, how can you change the item to fit to the category (of their choice).

DAY 10 Discussion & T-shirt making
なぜグループのチョイスにふさんせいですか。
どうしたらいいですか。

DAY 11 T-shirt presentation


DAY 12 Reflection
(例)日本語三は日本のかわいいについてならいました。まず、日本とアメリカのかわいいをひかくしました。日本のかわいいは小さくて、カラフルですが、アメリカのかわいいはどうぶつです。でも、日本のかわいいもアメリカのかわいいも大きい目があります。つぎに新しいたんごをならいました。たとえばたいしやせいふです。そして、というをならいました。アベロ先生という先生はれいです。それから、日本語の読み物を読みました。タイムアフタータイムカプセルプロジェクトときゃりーぱみゅぱみゅのデビューをならいました。そして、私たちは日本のいろいろなかわいいをならいました。たとえば、ブサかわやキモかわです。私たちはプロジェクトをしました。ただしと私はのグループはキモかわがテーマです。私たちのTシャツのちとみどりのかおはキモいですが、にじと大きい目がかわいいです。テーマソングはわけしまカノンのすなのおしろです。たくさんちがあります。そして、私たちのTシャツはとても高いです。六千ドルです。買ってください。さいごに、わたしはこのプロジェクトは楽しかったと思います。

Teacher's reflection
- The students’ focus was high because they were so interested in the Japanese pop culture.
- It was interesting to learn the students’ perception of their term of Kawaii.
- If more time was allowed, I wanted students learn the history of Kawaii concept.

Students' reflection
- It was very interesting
- We learned different aspects of the Japanese pop culture
- Kumatomo was so cute.
- Creating T-shirts and choosing a song were fun.
- The paint was smelly.



Lecture Session (参考文献)

Oi, Mariko (2014). J-Pop and the global success of ‘kawaii’ culture. Downloaded from
http://www.bbc.com/culture/story/20130603-cute-culture-and-catchy-pop on January 2015.
Bryce, Mio (2004). Cuteness Needed. The New Language/Communication Device In A Global Society.
International Journal of the Humanities, Volume 2, Number 3
Nittono, Hiroshi. A Behavioral Science Framework for Understanding Kawaii. Paper presented at the Third International Workshop on Kansei, Fukuoka, Japan (Proceedings, pp. 80-83)
増田セバスチャン(2011) 家系図カッター 角川グループパブリッシング

増田セバスチャン Sebastian Masuda Official Website. http://m-sebas.asobisystem.com
Sabastian Masuda Official. https://www.facebook.com/sebastian.m.art/
Sabastian Masuda. http://www.japantimes.co.jp/tag/sebastian-masuda/